倉敷芸文館

 

実は、保険代理店の店主をやりながら

いくつかの別の顔を持っているそんな私なんです。

 

その中の一つが参加型体験イベントを提供する

「一般社団法人GainJapan」のメンバーという顔です。

 

謎解きゲーム好きな友人が立ち上げたのですが

数年前から私も色々なイベントに参加をさせてもらい

去年から正式にメンバーの一人として参加しています。

 

倉敷音楽祭でここ数年色々なイベントをさせていただいていますが

今年は倉敷芸文館の舞台を使った謎解きゲームをやりました。

 

「華麗なるマジックショーへの誘い」という

ちょっとお芝居が入ったそんな体験謎解きイベント

 

お仕事中

スマホ

 

この春から新兵器投入となりました。

 

仕事柄、ネットにつながる環境は必要なので

ずっとデータ通信のみの無線Wi-Fiルータを

利用してiPadとパソコンをネットにつないでいました。

 

しかし、それも段々老朽化してきて

バッテリーの持ちも悪くなりつつあります。

 

そこでどうしようかと考えていたのですが

かなり格安でデザリングができるスマホと

音声通信付きの格安SIMがセットで

売られていたので手に入れることにしました。

 

卒業、進学シーズンということでかなり待ちましたが

無事届いてその日のうちに開通の運びに…

 

これでスマートフォンだけでしか使えない

アプリも利用できるようになりそうです。

 

一月ぐらいは前のやつと同時に使ってみて

大体どのくらいのデータ量になるか確認して

前の無線ルータの契約は解除する予定です。

 

今のところ通信スピードも3Gから4Gになり

前より早くなったのではないかと思います。

 

 

 

 

MOG:LA

 

保険外交員の「給与搾取」問題は代理店だけにとどまらない

 

保険代理店に所属して募集活動をしていた保険外交員たちが

所属していた保険代理店を訴えるという事例が発生しています。

 

保険外交員が所属していた代理店を辞める時に

経費として百万から数百万の支払いを求められる出来事

 

働いたのに逆に経費を払えと請求される

何だか変な話だと思いませんか?

 

私もそうですが、保険代理店としてやっていくためには

ある程度の規模のお客様がいらっしゃることにより

その保険料の極一部を手数料としていただきながら我々代理店は

生活をし、日々活動をしているような形になります。

 

ただ、0からスタートした場合何も収入がない

しかし、そんなに簡単に契約が取れるわけじゃない

 

私も三年間の中である程度の数字をクリアできたことで

こうやって研修生上がりで代理店をやっているのですからね

 

そんな給与状態なら誰もゼロから仕事としてやろうと

する人なんていないのが当たり前の話になっちゃいますよね。

 

そこである程度最初の数年は初期投資として

新しい募集人に給料を支払って仕事をしてもらう

そのためある程度、お客様と契約の保有が必要になるので

ある程度の契約高のバーが設けられることになる

 

 

 

続きを読む >>


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

FaceBook

Twitter

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM