インスタグラム

表稼業は保険屋さんですが、裏稼業はネット関連に詳しい人です(笑)
時々、初心者向けのセミナー講師もやっていたりすることもあります。

Facebookと関連付けができるようになったお陰もあるのか
(Facebookの子会社にInstagramがなっているということも影響)
Instagram[インスタグラム略してインスタ)という写真を中心にした
SNSのユーザーがここ最近になって爆発的に増えているような話を聞いています。

写真が中心になりますので、芸能界関係者やファッション関係
また、飲食店などのみなさんが口コミなどの広告発信に使えるということで
盛んに活用されるようになり、巷でもインスタを中心活用する方法を
セミナーとして開いているビジネス系のセミナー講師の方もいらっしゃいます。
 

沙美海岸

久しぶりにSNSのFacebookに関してのお話です。
SNSもかなり詳しい@保険屋目指している私です。

Facebookから公式に発表になりましたが
「追悼アカウント管理人」を指定できるようになりました。

もし、自分が明日、死亡してしまったとします。
さて、それぞれの思い入れや頻度があると思いますが
Facebookの自分のタイムラインはどうしたいですか??

「そのまま残してほしい」
「削除してほしい」

残したい、残したくないと二つの考え方が大きくあると思います。

Facebookは、自分が亡くなってしまい。
周りの家族や友人が「死亡」をFacebookに通知すると
それぞれのアカウントは「追悼アカウント」ということになります。

これを指定されると公開の指定範囲の中で見ることができますが
「いいね」や「コメント」「タイムラインへの投稿」など
「追悼アカウント」への情報の追加が一切できなくなります。

また、今までは突然死亡した場合、自分のアカウントは
そのまま残ったままになるということになってきます。
削除したいと考えている人はもう削除もできませんよね。

それを解決するのが「追悼アカウント管理人」というシステム。

 

こんなラーメン画像ばかりソーシャルで貼ってますw

久しぶりにsns関係のことを書きたいと思います。

最近のSNSは、画像が大きな役割を持っていますよね
おいしいもの、素敵な風景、楽しそうなイベントの様子など
画像だけではなく動画も最近は、数多くみられるように・・・。

私もついつい、食べに行ったラーメンなどの画像をアップして
「いつもおいしそうなもの食べてますよね」と言われることもあります。

またそれが会話の種となって人間関係を深めることもあり
とても素敵なことだと思っているのです。

ただ、簡単に画像が使えるようになった分、注意するべきことも増えてきます。

SNSの画像を投稿する場合、その中に「タグを付ける」という機能があります。
facebookなどでしたら写真を投稿しタグをつけるとコメント欄に
「○○さんと一緒です」というようなコメントが付きそこから
その方のタイムラインなどにすぐ飛べるようになっている機能です。

そこに行けば、ある程度の情報が出ているわけですから
その人と成りを知ることができる。便利ですね。
 
続きを読む >>


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

FaceBook

Twitter

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM