「人生の終い方とは大切だと思います」

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 10:10

岡山城

 

先日の日曜日の午前中、自宅の電話が鳴り出たところ病院から

ちょっと悪い予感が頭を横切りましたがやはりそうでした。

 

義母が亡くなったの知らせでした。

 

取り急ぎ、家族にLINEのグループで連絡を入れ

寝起きだった私は、最低限の身支度を済ませた後

美容院に行ったばかりの家内を拾い病院へ向かいました。

 

私が出会った時にはすでに腎臓病を患い

週三回の透析をする必要があり

痴呆症も少し入りかけたこともあり

ここ数年は、病院にずっと入院しないと

どうにもならない状態でした。

 

ここ最近、具合があまりよくないと聞いていたので

ある程度、覚悟はしていたとしても悲しい出来事です。

 

身内としては、兄と私たち家族四人しかいません。

ただ三年前、義父が亡くなっておりその経験があり

兄を中心に今回はスムーズに事は運んだ気がします。

 

ただ、いつも身内の不幸の旅思うのですが

どうやって自分の最後を締めくくるのかというのは

のちの家族に対しても大切に考えないといけないと

思うそんな私です。

 

あれこれ言えばきりがない世界ですが私の経験上

普通に大きな葬祭場を借りてやれば100万は最低必要だと思います。

 

そして、僧侶関係に支払う必要があるお金も50万ほどはかかるはず

お墓も新しく作るとなると永代使用料と墓石を含めて考えると

100万から200万ぐらいするそんな可能性もあります。

 

ただ、それ以上のお金をかけようとすれば簡単です。

相手もご商売でやっているのですから売り上げは高い方がいい

色々な理由を説明しつつ追加のオプションを進めてきます。

そうなれば青天井になってくる。

 

家族制度が戦後の社会の動きに合わせて崩壊しつつある現在

これまでの弔い方ではあまりにも負担が大きくなってしまう。

 

そんな時代になりつつあります。

 

家族に負担をさせたくないのであるなら自分なりに

どういう風にやってほしいかということは残すべきです。

 

経済的な準備もそれぞれ必要です。

それは貯金という形でもいいし、保険という形でもいい。

 

換金性の低い不動産などはすぐにお金にはなりません。

いざという時にはそんなものは役に立たなかったりします。

 

一番いいのは、家族いる時にきちんと自分の意思を伝えること

葬儀の方法と規模と予算、それに係る費用の準備状態はどうしているか

いざという時に死亡の知らせを連絡してほしい人は誰とか…

お寺との付き合いはするかしないか、墓地はどうするのか?

 

特に少子高齢化が進み、ありとあらゆる負担が将来の子供たちの

足かせになるのではないかと不安が残る時代になりつつあります。

 

そういった部分でもきちんと自分の意思を残すことが大切です。

 

ご家族が少ないのであるならエンディングノートみたいなもので

きちんと自分の意思を知らせる手段を取るべきだと思います。

 

また、資産がある方は、きちんと遺言を残しましょう。

後で家族が争うことがないように…

 

そういうことが大切になってくると思います。

 

今回の義母に関しては義父のことがありますので

同じところに同じようにお世話になることになるでしょう。

夫婦そろって同じところで再会できると思います。

 

とても優しい義母でした。

一番最初に会った時に作ってくれたちらし寿司

私が好きだと知ると実家に帰る度に元気な時にはいつも

作って待ってくれていたのは何だかうれしいことでした。

 

それぞれの具材にちゃんと味付けをして

少し甘めの田舎寿司だといっていましたが

私にとっては一生忘れることができない味です。

 

過ぎる親孝行はできなかったかもしれませんが

命のバトンだけは、私からこどもたちへとしっかりと

リレーしていきたいと思います。

 

そんなわけで私の仕事はそういった部分でも大きくかかわりがあります。

どうしたらいいか不安があるようでしたらご相談ください。

一緒に何かいい方法を探す事をお手伝いできたらと思います。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

FaceBook

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM