「やっちゃったな?!日産?!」

  • 2017.10.26 Thursday
  • 08:40

スカイライン

 

日産自動車さんで新規登録車の最終検査を認定外の自動車検査員が

行っていたとして、リコール問題になったのはここ最近のことでしたね。

 

しかし、それが発覚した後、何も対策をすることもなく

同じように認定外の検査員が検査したものを出荷していたことが

発覚してまた今朝から大きく報道で取り上げられています。

 

中には、「完成したばかりの新車の車検が必要なのか?」と

そんな風な議論があることは確かなことなんでしょうけれども

それは今、ちょっと置いておくことにしましょう。

 

それにしても大企業である日産自動車の

法令順守(コンプライアンス)の姿勢は

どうなっているのかという大きな疑問が沸きます。

 

法律的に決まってやらなければならない検査であり

その検査について資格を持っている人間がやらないと

法律違反になることが指摘されてそういう報道になったはず

それを経営陣も、現場責任者も知らないわけがない。

 

あれだけ大きく報道されて自社の社長が会見で

頭を下げたわけですから認識しているはずです。

 

なのにそれを放置したまままた同じように

やっていることが法律的な手続き上は間違っているのに

出荷をしてしまうというのはどういうことだろう?

 

現場サイドの人間も何も変わらない事に疑問を持つべきだし

経営サイドはきちんと仕事を止めて対応できるような環境を

きちんと作ってから仕事を始める必要があったはずなのに

何もしないでそのままということは今回のことが

大きなことだと考えていなかったということだろうか?

 

最後の出口の車検の部分で不備があったわけですから

本来なら製造を停止してきちんと出荷できる体制を作り

製造を再開する必要があったはずなんですが

結局、目の前の数字しか考えていなかったのかなぁ?

 

信頼を得るという部分では大きな逆効果を

生むことは確実だったと思うんですけどね?

 

誰も疑問の声をあげなかったのでしょうか?

本当にこれでいいのかと??

 

ジャパネットたかたで個人情報漏洩の問題が起こった時、

高田明前社長は発覚後に通信販売業務を全面停止し

問題の解決がなされるまで販売は再開しないという英断をし

しばらくの間業務が停止したそんなことがありました。

 

高田社長としては、「会社が維持できないかもしれない」という

危機感はあったかもしれないのにいったんすべてを止めてしまい

解決するまではその対策と対応に全精力を傾けるという行動。

 

その後、そのことによって逆にジャパネットたかたという会社は

大きな信頼を得たような気がしているのは私だけでしょうか?

 

そういう、英断がなぜできなかったのか?

日産の経営陣が残念でなりません。

 

「やっちゃえ日産!!」と宣伝しておりましたが

「やっちゃったのね日産!?」となってしまったのは残念

日産系のディーラーなどに勤務されていらっしゃる

友人知人が数名いらっしゃるのであれこれお仕事に

影響が出なければいいけどと思う私です。

 

これから、どんな風に信頼回復をされていくのか

慎重に温かい目で見守るしかないのでしょうけどね。

 

丸目のテールランプのスカイラインかっこよかったよなぁ。

そんなことをふと思い出した私です。

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

FaceBook

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM