「色々思うことあれど・・・」

  • 2017.11.09 Thursday
  • 16:01

銀杏並木

 

今、家族の手術の付き添いということで

病院の一室に詰めているそんな私です。

 

そんな待ち時間の中、ポチポチとパソコンをうち

こうやってブログを書き込んでいるわけなんですよね(^^♪

 

Facebookページでも予告しましたが

先ほど、ブログの損保関連の記事をいったん

非公開ということにさせていただきました。

 

私としては何ら宣伝手段も持たない財力もない

とても小さな小さな保険代理店として活動していますので

こうやってネットの世界の中だけでも岡山という街の片隅で

生真面目だけが頼りに保険屋をやっている男がいるよと

旗を振り続けないと存在さえも埋もれてしまうのではないかと

日々思いながら活動しているわけであります。

 

具体的なことを書いちゃダメということなので

取り扱い保険会社や商品名も出さずちょっと保険に詳しい

おっさんが、一般的な保険の活用方法や契約にあたり注意するべきこと

考え方などを伝えできたら少しはお役に立てるのではないのかと・・・

 

そんなスタンスで書き続けてきたものですから

本人は何も問題ないと思っておるのですが何処が問題なのか

はっきりさせてきちんとしないといけないと思うので

一旦、非公開という形にさせていただきました。

 

で、こうしてまた何か言われるんじゃないかとビクビクしながらも

こうやって自分の存在をきちんと証明しているわけなんです。

 

それにしても保険代理店というのはやりにくい商売です。

 

確かに一癖二癖があるお客様もいらっしゃるのは

経験上確かなことなんですけど、どちらかといえば

対、保険会社対応の方が気を使ってめんどくさいことが

増えつつあるのではないかと思える私です。

 

それは色々な意味を込めてという話ですけどね。

 

その原因の一つにこの時代に人間対人間に対する

寛容さが無くなったということがあるのではないかと思います。

 

人間は間違いを起こす動物です。

そして人間のコミュニケーションは難しい。

 

弱肉強食という単純なシステムの中で生きている

自然の中の動物は本当にスリムにシンプルに生きていますが

われわれ人間は大きな社会インフラの中それぞれの役割を

持ちつつそれぞれの場所で仕事をこなしているわけです。

 

その中で私は保険代理店という役割であったり

ある人は、モノを売る人、ある人は物を作る人など

それぞれがそれぞれの役割分担の中で生きているのですよね。

 

誰を傷つけるつもりもないのに傷つけてしまったり

嘘をついているつもりはないのに嘘になってしまったり

それは、その時々の状況が変わったり、伝えるべきことがうまく

伝わっていなかったり、中には本当は全然本質とは違うのに

自分の身を守るためにうがった見方をされてしまったりすることも・・・

 

特に保険という商品はお金が絡むことが多いので

そういった意味でも時にはしんどいことがあったりもします。

 

すべてをパーフェクト対応できる人はたぶんいないと思います

保険会社の人たちもそれをわかっているはずなんですが

自分たちの身を守るために余計なことはさせたくないみたいですね。

 

取りあえず文句も言わず、サクサクと新しい売り上げを取ってくる

そんな人が重宝されるというのが本当のところのようです。

 

肥後ノ守というナイフで鉛筆を削っていた子供たちに

危ないと単純にナイフを取り上げてしまうみたいにね。

 

本当にそれで安全は確保できるのでしょうか?

私は本当はそう思わないのですけどね。

 

小さな代理店を無くしたいのでしょう。

ただ、そんな代理店をこれまで将来的ビジョンもなく

増やし続けてきたのは保険会社だったはずです。

 

代理店の高齢化が問題になっているといいますがそんなことは

もうかなり前から分かっていたはずなんですが手を付けなかった。

 

子供の世代が引継ぎ継続してやりたい魅力的な保険代理店を

育てていかなかったというのはあると思いますよ。

 

すいません、今日はぼやきモードに突入しておりますが

私はこれからもこの仕事を続けていきたいと思っておりますし

売り上げや数字も大切ですが、人間性も大切だと思っています。

 

世の中を賑やかにしている色々な事件や問題も

根底にあるのは、人間という生き物の生き方の問題だとおもう。

世の中をよくしようと思うなら人間自体が変わらないとね。

 

私は目指していることがあるのです。

保険の最後の良心でありたいと思うのです。

 

本当に必要なものを必要な分だけお届けする

愚かな行いも罪は憎めど人は憎まず、そうありたいと思います。

 

さて、明日からも頑張りましょう。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

FaceBook

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM