「昨日の夜は、夢のような時間でした」

  • 2017.11.27 Monday
  • 10:21

ライブの様子

 

おはようございます。

 

保険以外のことを書くのであるなら以外にも

日々ニュースはあるような感じがしている今日この頃です。

 

昨日はまさしく「歌う保険屋 甚作」の日でした。

 

人生初めてライブを二本掛け持ちをしてしましました。

まるで売れっ子のシンガーみたいだ(笑)

 

いつも参加している湯アコに参加した後打ち上げも

早々に切り上げさせていただいて岡山市内へ

 

シンガーソングライター黒住憲五さんが

オーナーであるお店Amusement live cafe tonicaが

一周年を迎えるということで記念のライブがありました。

 

「よかったら一曲やってくれない?」という

ありがたいオファーをいただきましたので

もう二度返事で参加させていただくことにしました。

 

黒住憲五氏

 

黒住憲五さんです。

 

岡山出身、何枚ものアルバムを作り今も色々と

音楽活動をされているプロの歌い手です。

 

とても甘い歌声でAOR系の曲を多く演奏されます。

私も大好きなシンガーの一人であります。

というわけで、黒住憲五さんのライブに用意したのは

これまた大好きな角松敏生さんのデビューのきっかけになった曲

「Still I'm In Love With You」でした。

 

最初は私一人でやるという感じだったのですが

一週間ほど前に「一緒にやろうよ」と思いがけない

声をかけていただいて歌っている音源といつも使う歌詞カード

それを渡して二度ぐらい軽くセッションしてみました。

 

ただ、当日これまたもう一人マルチポップギタリスト

「荒木博司」さんも参加してくれるという事に('◇')ゞ

 

いや、これはこれで何だかすごいことになってきたぞ(笑)

 

マルチポップギタリスト荒木博司氏

 

荒木博司さんは、岸田智史さん、松山千春さん、来生たかおさんなどの

バックサポートをされたり、幾多郎さんのツアーやアルバムに参加されるなど

音楽業界の一線で演奏されてきたまさしくスタジオミュージシャン

 

そんな方とご一緒することになってしまいました。

 

「じゃあ、甚作くんについていくから」

いやいや、そんなプレッシャーかけなくても('◇')ゞ

 

荒木さんは一度も合わせることなどなく

黒住さんに渡したコピーをもらっただけの初見状態

 

でもね、歌いだすとすごい。

 

本当にきっちりとよどみなく伴奏していただけるんです。

いやぁ、プロの技術ってすごいなと思った瞬間でした。

 

気持ちよく歌えたなぁ

何だか夢のような五分間でした。

 

きっと宝物の思い出になると思います。

また、いつかご一緒できると気があればいいな
それまでに少しでも上手くなっていたいものです。

 

自分の仕事に置き換えてみるとどうだろう?

保険販売のプロとしてできているのか不安もあります。

もっと勉強しないといけないことは多いかもしれません。

 

まだまだ道のりは遠いのかもしれませんね。

頑張ります。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

FaceBook

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM