「車両保険の「一般」と「限定」の違いと現実…」

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 09:50

N-one

 

実は先日、お客様のところの玄関前から車を出す時に

玄関横に立っている電信柱に車を当ててしまいました。

 

わざわざお見送りにお客様が出てくれていて

話しながら車を出そうとしている時に電信柱の存在を

忘れてしまったというなんとまあ悲しい事件でした。

 

やっぱり駄目ですね。話をしているとどうしても

注意が散漫になってしまうのは悲しい人間の性です。

 

結局、後が凹んだまま山口にも旅行に行きまして

たぶん後を走っていた他の車の運転手にはきっと

「運転がへたくそなおっさん」だと思われていたかもしれません。

 

も一つ悲しいことが重なりました。

私が入っている車両保険は限定タイプの車両保険であり

自損事故は出ないタイプなんですよね。

 

はっはっはっ・・・(悲しい笑い)

 

大体どこの保険会社も車両保険に関しては

「一般」といわれるものと「限定」といわれるもの

二種類の車両保険を用意しているところがほとんどです。

 

「一般」の車両保険だと基本的に

オールリスクの取り扱いになりますが

「限定」の車両保険だと基本的に

当て逃げと自損事故は免責(保険金出ない)という扱いです。

 

ただ、毎月の保険料はかなり違ってくる場合が多く

「限定」の車両保険は「一般」に比べるとかなり保険料が

安くなっていることが多く加入しやすい保険です。

 

そんなわけで私自身は保険料の負担を軽減するために

「限定」タイプの車両保険に加入していたので

今回の場合は、保険は使えないということになります。

 

それはそれで覚悟して保険に加入していたので

自分自身でどうにかするしかないということです。

 

まあ、大体自損事故による破損は、思ったより

さほど大事にならず数万円の修理で済むことが多いので

という判断で私自身は限定タイプにしています。

 

お付き合いのある修理工場にお願いしてなるべく

安く修理ができるようにお願いしつつ信用金庫さんに相談したところ

修理費を融資していただけるようなので今回はお借りして

地道に分割払いでお支払いしていくことになりました。

 

さあ、修理費の分も頑張らないとなぁ

 

そういったわけでたぶん一週間ほどで私の車も

修理されて帰ってくることになると思いますが

しかし、その分稼がないといけませんのでみなさん是非

自動車保険も生命保険もらいふでざいんをご利用ください。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

もう当てないぞ・・・と心に誓う私でした。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

FaceBook

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM