「みなさんご無事ですか??」

  • 2018.07.09 Monday
  • 09:01

百間川の様子

 

今回の洪水によって亡くなった方のご冥福を祈ります。

また、被災された方の一日も早い復興を祈ります。

 

ただ被害の合われた方々の心中を思うと心が痛い

今は目の前の事実に茫然とされているかもしれません。

 

晴れの国」と言われている岡山県ですが

本当にこんなに雨が降るということはあまり記憶になく

これぐらい大規模な堤防決壊が起きたという記憶が

ないというのが正直なところなんです。

 

すでに何件か問い合わせをいただきましたが

建物や家財、そして車の水没などが多いのだろうと思います。

 

早急に復旧作業にかかる方もいらっしゃると思いますが

保険屋として取りあえずお伝えしておくことがあります。

 

  1. 建物と家財の被害に関しては状況がわかるように家の四方からの写真や室内の様子などを写真に撮影しておくと保険会社への事故報告や自治体の罹災証明を受ける時に手続がスムーズになります。
  1. 完全に水没した自動車は電気系統がやられている場合があります。乾燥をしていないうちにエンジンをかけるような行為はやめておいた方がいいと思います。修理工場に相談しましょう。

 

火災保険は、「水災不担保特約」を付けている場合補償が出ないことになります。

また、自動車は車両保険に加入していれば取りあえず補償は確保できますが

超過修理費特約などを付帯していない場合古い車だと全損扱いになり

修理費などが不足することも考えられるので注意が必要です。

百間川の様子

 

写真は、百間川の風景です。

冠水した車

 

今回、我が家も娘の車が水没してしまいました。

ただ、高さから考えると吸気口まで水は上がっていない
完全には水没しておらないのでもしかしたら
光明が少しあるかもしれません。
私もこれから気になっているお客様を回るつもりです。
あまり大きな被害がなければいいのですが
不安は大きかったりします。
でも、できるだけ寄り添って当たりたいと思います。
みなさん頑張りましょう。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

FaceBook

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM