クレド岡山のツリー

 

今回は、口コミってとても大切だと思うんですが本当に

いいものかどうかきちんと判断するのであるのならば

ある程度、いくつかの商品を比較検討してみることが

必要だというとても大切なお話です。

 

友人の会社に勤める社員の方が

「アヒルのガン保険がいい」ということで

契約したという話を聞きました。

 

ただねぇ〜一応、サイトから約款などをダウンロードして

補償内容を確認してみているのですけど、

アヒルさんいい商品の様でちょっと穴があったりします。

 

一つは、がん(悪性新生物)なら100%出るけど

粘膜層で留まっている上皮内がんの場合は10%

しか診断給付金が出ないということです。

 

最近のがん診断は進んでいることもあり

早期発見される場合が増えているのですが

そういった粘膜上でとどまって浸潤していない

早期に発見されたものは保険金の支払い額が

かなり少ないということが心配です。

 

その他の保険では、上皮内がんでも一時金を支払う

タイプのものはたくさんあるのでどうかなと思うのです。

 

もう一つは、特定診断給付金が別になっていること

 

基本、最近のガン保険は、がん及び上皮内がんと診断されたら

一時金を100万払いますというタイプが多いのですが

アヒルさんはそこを二段階にしていてがんと診断されたら50万

治療などで入院や通院で一定の要件をクリアしたら50万と

二段階にして支払うリスクを減らしているという部分があります。

 

そして、一番最悪なのは、この特定診断給付金ですが

再発した場合の支払いがたぶんないのではないかと思うんですよね。

 

診断給付金には「複数回診断給付金特約」というやつが

ある様に約款には記載されているのですけど

特定診断給付金には複数回というやつが見当たらない。

 

となると二年過ぎての再発などあった場合は

診断給付金しか支払われないということになる。

前は100万もらえたのに再発は50万だけということ

 

他の保険会社だったら二年後に再発していると

同じように二回目も100万支払われるタイプが多いので

そういった部分でもあまり条件は良くないと思います。

 

CMとかで「契約件数NO1」と歌っているんですが

商品的にはかなり複雑であり保険金を出す状況をいくつか

区切って支払いリスクを回避しているという部分も

冷静に見れば見えてくるような気がします。

 

そして最後に、特約の一部が10年更新になってるので

10毎に保険料が少しずつ高くなってくることがあるということ

年齢を重ねれば重ねるほど上がり幅は大きくなる。

 

たぶんね、きっちりプレゼンしたら

支払い条件などはうちのガン保険の方がよかったはず。

正直そう思っていますが、まあそうならなかったのは

私の人間的な魅力不足なのかもしれませんね。

 

まだまだ修行が足りないということでしょう。

 

ただ、保険商品を選ぶ時には冷静にいくつかの商品を

きちんと比べた方がいい面と悪い面がきちんと

見えてくることもあるのでご注意ください。

 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://ld-hoken.com/trackback/819

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

FaceBook

Twitter

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM