「幸せノート」

 

先日、定年退職を迎える御夫婦にお話をしたのですが

自分はどんな風に自分の死を向かい入れようとしているのか

そして、亡くなった後、どんな風に弔ってもらい

自分の残したものをどんな風に家族と分かち合いたいか

そういった気持ちを知らせていくことは必要だと思います。

 

私自身は、大きな病気をした後自分の死を知り

家族にはこうしてほしいという意思は伝えています。

 

ただ、そういうことを話すことはタブーと

されているような考え方もあるようですから

お話できないのであるなら意思を言葉として

残すということがとても大切になってきます。

 

それが、「エンディングノート」

 

私が取引がある生命保険会社でこういった物があります。

恒例の方々には配って回ろうと企んでいますが

「欲しい」という方がいらっしゃったら

是非、お声掛けください。

 

ご連絡お待ちしております。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://ld-hoken.com/trackback/823

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

FaceBook

Twitter

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM