イオン岡山のクリスマスツリー

 

色々な統計の中で一般家庭が支払っている保険料は一世帯で

年間40万円弱ほどだという数字が出ているところがあります。

 

毎月にすると33,000円平均を支払い続ける

車のローンなら5年もすると支払いが終わりますが

生命保険は何十年も支払うことが前提になりますので

20年支払い続けると800万円近くのお金が保険会社に

保険料として納めるそういった計算になってきます。

 

そう考えると生命保険って友達が保険の営業を始めたから

話を聞いて付き合いで契約するほど安易に契約して

いいものなのかどうかと思っていたりしています。

 

そんな風に思ったりしませんか?

そんな生命保険の保険料を安くするコツを教えます。

サボイアS-21

 

今週ぐらいからWeb関係のニュースでも

記事をみることが多くなってきました。

 

実は、軽四自動車関連の保険料を決める決まりが

大きく変わることになることが決まりました。

 

損害保険の保険料を決めるにあたり

各社保険会社は、保険料率算出機構という

第三者機関が作っている数字をベースとして

保険料を決定しているのです。

 

今は、軽四乗用車と軽四貨物の二つの料率があり

軽四乗用同士なら条件を変えなければ保険料も

変わらないことが多かったのですが来年明けからは

そういうわけにはいかないようになります。

 

変更事項としては...

夕焼けの風景

 

自動車保険は、運転できる年齢や運転者を

制限することで保険料が安くなる場合があります。

 

年齢条件なし、21,26,35歳以上とか

本人配偶者、家族、限定なしとか

 

それぞれの状況によりなるべく保険料が

安くなるように私たちも心掛けて設定します。

 

ただ、お子さんが免許を取ったり

何か事情があって条件的に運転できる人以外の方が

運転をすることが出てきたりしますよね。

 

そうなると大変です

続きを読む >>


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

FaceBook

Twitter

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM