【有益な情報だと思います拡散希望です】

 

真備町水害

 

先日、友人の一人と話をしていたのですがお客様の中で

今回の豪雨で、建築後数年で浸水で全損になってしまったが

加入している火災保険が水災不担保だったがために保険金が下りず

途方に暮れているという話を伺ったりしました。

 

確かに保険未加入や不担保により保険金が下りないとなると

その修理費や建て替え費用などをその本人が負担することになり

二重にローンを抱えたり最悪ローンを抱えたまま賃貸物件に

住むということもあったりするかもしれません。

 

最悪な場合自己破産に陥り破産手続きを開始することに

なったりする人も居たりすることも考えられたりします。

 

東日本大震災を契機にそういった被災者の債務整理に関して

破産手続きをするのではなく、住宅ローンや個人事業主の

事業用ローンの免除や、減額を申し出て手続をして

債務者と債権者の同意で免除・減額する手続きができる様です。

 

制度を知った元の記事はこちらです

 

「自然災害被災者債務整理ガイドライン運営機関」

というところが提案している債務整理の制度だそうです。

 

災害救助法が適用された大きな災害であることや

色々な条件があったりするそうですが平成30年三月末時点で

登録支援専門家に手続支援を委嘱した件数774件

債務整理成立件数 222件となっているようです。

 

政府のインターネットテレビでも紹介されています。

自然災害の影響で住宅ローンなどの返済にお困りの被災者の方へ

水没した車

 

おはようございます。

 

今回の平成30年7月豪雨によって車の水没の被害が

多く出ているのではないかと思います。

 

写真は実は我が家の娘の車だったりします。

 

一番確実な方法は取りあえずエンジンは掛けず

そのまま修理工場に渡して点検してもらうことです。

 

エンジン内部に水が入っていないかどうかの確認や

電気系統などに不具合があるかどうかを確認した後

水が入っている場合の水抜きと洗浄の作業が必要です。

 

また室内の椅子やカーペットを取り外して

洗浄し、乾燥させて元に復元することも作業的に必要です。

 

ただ、それをするにはかなりの費用も必要になりますが

車両保険に加入していればどうにかなる可能性が大きくなります。

特に古い車は車価が低くなるので超過修理の費用を付けておけば

古い車でも修理して復活させることは可能かと思います。

鬼ノ城

 

どうやら週明けの月曜日が海の日ということで

明日から三連休という方多いと思います。

 

ただ、梅雨明け後かなり暑くなることを聞いています。

 

岡山でも35℃を越えて酷暑になる可能性もあると

そんな天気予報が出ているところが多くありますね。

 

この連休にボランティアとして活動をしようと

考えている方も多いのではないのでしょうか?

各地でボランティアセンターが開設され対応が始まっています。

 

岡山市 http://www.city.okayama.jp/kyoudou/kyoudou/kyoudou_t00070.html

 

倉敷市 http://www.city.kurashiki.okayama.jp/item/116923.htm

 

矢掛町 http://www.town.yakage.lg.jp/syakyo/yakage.htm

 

高梁市 http://www.takahashi-shakyo.org/00news/news20180709.html

 

新見市 http://www.shakyo-niimi.jp/svc.htm

 

暑い中の作業になりますので防衛できる作業服を準備できる

そして、体力的にもある程度の自信がある方でないと

逆に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

 

また、真備が報道としてはかなりの量で取り上げられています

そういう部分で注目の土地になっているわけなんですけれども

逆にそこに大勢が行き過ぎても交通のマヒなどを生んでしまうことも

考えられますので岡山市の方は岡山市のボランティアに

参加される方がいいかもしれません。

 

その点よく考えて行動に移しましょう。

遠く離れて現地に行かなくてもできる救援はあります。

 

 

百間川

 

月曜日から火災保険の契約者を中心に被害がなかったかどうか

お役様のところを一軒ずつ回っているそんな私です。

 

今のところ、大きな被害は車の水没ぐらいで火災保険では

床上浸水など聞いていないので今のところはホッとしています。

 

そういえば、こんな事件があったようです。

 

昨日、岡山県笠岡出身のお笑いコンビ千鳥のノブさんが

「某コンビニで救援物資を受け入れしています」と情報を流し

拡散をお願いしたところ多くの物資がコンビニの駐車場に

置き去りにされてしまって営業ができない状態になったとのこと。

 

私も写真を見ましたが、コンビニの駐車場にポリ袋に入れられた

色々なものが無秩序に並んでいるというこれまたひどい状態です。

 

千鳥のノブさんもふるさと岡山の窮地に危機を感じで

有効な情報を発信しようとしたやさしさだと思うのですが

受け入れの情報がまるっきり嘘だったということだったようです。

 

本来ならその情報を受け取って持って行った人々が

店の方に「本当に置いて行っていいのか」確認すれば

こんなに大事になることはなかったのだと思うのですが

そういったマナーがないというのは悲しい現実だと思います。

 

被害の状況を見て「何かしないと」と思っている

そんな方は大ぜいいらっしゃると思います。

 

ただ、悪戯に大勢の人が現場に向かえばいいというわけでなありません。

インターネットの復旧により情報の受け取りや発信が

簡易になって誰もが情報発信できることは便利なことです。

 

ただ、そういうことで不確かな情報が広がり

逆に不安を与えることが最近は見受けられることに

なったような時代になりつつあります。

 

情報に関しては発信元が確かなのか確かめて

シェアなどをするようにして最後まで情報発信者は

責任を持つようにしていただく気持ちでやってください。

 

各関係機関がそれぞれの情報発信をされています。

ボランティア活動などをしたいと考えている方も

各自治体に問い合わせてちゃんと手続きを取ってから

活動されることが一番迷惑がかからない形になります。

 

「各地方自治体」

【倉敷市】http://www.city.kurashiki.okayama.jp/

 

【岡山市】http://www.city.okayama.jp/index.html

 

【総社市】http://www.city.soja.okayama.jp/

 

自治体もFacebookやTwitterなどで情報発信されていますので

よく注意をされてい細かくチェックしてみてください。

 

「損害保険協会」 各保険会社のリンクもここにあります

【日本損害保険協会】 http://www.sonpo.or.jp/

 

災害に合われた方々には自動車保険の更新の猶予期間や

保険料支払いの猶予期間が準備されています。

音言わせください。

 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

FaceBook

Twitter

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM